【FEH】微課金勢の第二部までの主力キャラ集!闘技場&攻略用

ゲーム
この記事は約9分で読めます。

スマートフォンアプリとして絶賛配信中のファイアーエムブレムヒーローズ。
配信初日からプレイしてはや2年が近づいてきましたが、公式番組からは2018年12月に第三部開始とのアナウンスがありました。

そこで微課金勢花の民として、第二部現在の主力キャラを振り返ってみます。

スポンサーリンク

闘技場主力キャラ3選

第一部から存在するメインコンテンツのひとつ”闘技場”
定期的に更新されるボーナスキャラを除くと、使用する3人は固定される傾向にありました。
この闘技場で第二部までにメインとして使用したキャラを紹介します。

ステータスは☆5基準値のものを掲載しています。

美しき盟主 リリーナ

リリーナ
Lv HP 攻撃 速さ 守備 魔防
Lv1 16 22 6 4 9
Lv40 35 54 25 19 31

登場作品:封印の剣
使用感:攻撃力が高い火力型赤魔道士。第一部では継承したラウアブレードで猛威を奮っていたが、第二部では念願の神将器”フォルブレイズ”を手にしその火力をさらに伸ばす。
その圧倒的破壊力は魔王そのもの。我が部隊では、第一部からエースオブエースとして君臨し続けています。

怪力の重騎士 エルフィ

エルフィ
Lv HP 攻撃 速さ 守備 魔防
Lv1 22 27 5 11 4
Lv40 50 55 22 33 23

登場作品:if
使用感:火力型のアーマナイト。総合値はウエンディに”1”劣るが、その高い火力と守備隊形を生かしての受け・削り型、攻撃隊形を継承してのアタッカーと運用の幅は広いです。
我が部隊では長らく魔法のリリーナ・物理のエルフィが双璧を築き続けています。

グラの王女 シーマ

シーマ
Lv HP 攻撃 速さ 守備 魔防
Lv1 21 19 6 12 7
Lv40 45 41 25 36 33

登場作品:暗黒竜と光の剣/紋章の謎
使用感:高い防御性能を活かした受け運用向きなアーマナイト。一歩ずつ行くぞは過去のもの。重装の行軍を継承すれば二歩進める驚異の侵略者です。
キラーアクスと奥義隊形効果によって緋炎を連発し鎧袖一触。第一部から参戦しているものの、限界突破を始めたのはここ最近。まだまだ伸びしろを残しているので今後の活躍にも期待しています。

攻略用各色お気に入りキャラ

ここからは闘技場以外で出番の多いキャラを各色一人ずつ紹介します。
好みの要素で選んでいる部分も多いのですが、これまで数々のマップをともに攻略してきた頼れるキャラクターたちです。

ステータスは☆5基準値のものを掲載しています。

ダーナの踊り子 リーン

リーン
Lv HP 攻撃 速さ 守備 魔防
Lv1 16 20 7 4 6
Lv40 35 42 35 23 28

登場作品:聖戦の系譜
使用感:同じ赤枠踊り子のオリヴィエよりも査定が1低く、☆5限定のため限界突破も難しいと扱いに癖はありますが、聖戦の系譜ファンとしては問題ありません。
初期装備の守りの剣・業火疾風の舞いは継承してもよし、自分で使ってもよしと利便性は抜群。
踊り子枠は好みで決める要素が大きいかと思われますが、登場以来踊り子はリーン一択です。

雷神 イシュタル

イシュタル
Lv HP 攻撃 速さ 守備 魔防
Lv1 16 22 10 4 7
Lv40 38 48 36 17 26

登場作品:聖戦の系譜
使用感:奥義カウント-1と攻撃時速さ+6がついているトールハンマーに鬼神飛燕と連撃火力に優れた火力型青魔道士。
今は一時的に剣殺し運用にしていますが、攻め立てをつけての連撃運用、柔剣聖印を装備しての奥義運用と攻めのバリエーションも豊富。
雷神の名は伊達じゃない。個人的には範囲奥義”烈雷”を装備しての奥義運用型が雷神らしくておすすめです。

導きの風 レヴィン

レヴィン
Lv HP 攻撃 速さ 守備 魔防
Lv1 16 22 14 4 6
Lv40 38 48 40 17 25

登場作品:聖戦の系譜
使用感:ゲーム開始以来待ちに待ったキャラが、第二部にて実装。あの喜びは忘れられない。
強さも再現度も原作ファンとしては満足の出来。速さ+3に加え攻め立て効果も持つフォルセティ。奥義使用後、カウント-2の奥義の螺旋と驚異の攻撃性能を誇るレヴィン。
カウント4の烈風でも、一度奥義が発動すれば連続発動できるその性能は、不利色相手でも力押しできるほど。でも、待ち伏せだけは勘弁な!

ノディオンの王女 ナンナ

ナンナ
Lv HP 攻撃 速さ 守備 魔防
Lv1 17 5 8 6 7
Lv40 36 34 36 21 28

登場作品:聖戦の系譜/トラキア776
使用感:速さ型の騎馬杖ナンナ。全体的な性能は騎馬杖の中でも中間に位置します。
☆4でも排出されるため、限界突破しやすいという点はアドバンテージ。その点はプリシラ・クラリーネも同様な為、誰を選ぶかは好みの影響大。
ただしスキルの組み合わせは移動阻害のグラビティ型、ダメージソースとなるペイン型と幅広いため、他のメンバーと見比べて選ぶ必要があります。
我が部隊は火力型のキャラが多いので、グラビティ型で運用し、スペシャルマップや制圧戦でのサポートに特化させています。

第三部では誰が新登場となるのか

YouTube でお気に入りの動画や音楽を楽しみ、オリジナルのコンテンツをアップロードして友だちや家族、世界中の人たちと共有しましょう。

「その日、光は死んだ」とインパクトあるセリフとともに終了するPV。
果たしてファイアーエムブレムヒーローズ第三部では、誰が新登場キャラとなるのか。
個人的には、ラクチェが来てくれたら……と淡い期待をしています。
あとは第三部こそはアイラを引ける運がほしいです。

コメント